サッカー選手のユニフォームがピチピチな理由

2017年9月6日

サッカー選手のユニフォームがピチピチな理由


プロの選手でなくても、肉体に自身がある人ならピチピチもかっこいいですよね。

サッカー選手が着用するユニフォームは、なぜピチピチのサイズなのかということを不思議に思う人が多いようです。
その一方で、自分がサッカースタジアムの売店で購入したユニフォームがゆったりサイズなのはどうしてなのだろうか?という疑問も湧いてきます。

今回は、この理由について検証してみようと思います。
このような疑問が出るということは、サッカーファンやサポーターの人たちが真剣な目でサッカー選手やユニフォームを見ているということでもあり、サッカーユニフォームを製作している者からすると嬉しいばかりです。

■サッカーのユニフォームには2通りある

まず知っておきたいのはサッカーのユニフォームには2つの種類があって、根本的に選手用とサポーター用では異なるということです。

オーセンティック

プロのサッカー選手に支給されるユニフォームは「オーセンティック」と呼ばれています。身体にフィットするように作られており、ピチピチという印象を受けるユニフォームです。

レプリカ

オーセンティックに対して一般的に販売・購入されているのが「レプリカ」です。デザインはオーセンティックと同じですが、基本的にはゆったりとしたサイズで作られるユニフォームです。

どちらも選手が着用するものと全く同じデザインですが、サイズ感は大きく異なります。このため、先に述べたような疑問が出てくるのです。

■諸説あるサッカーユニフォームがピチピチな理由

では、なぜサッカー選手が着用するオーセンティックのユニフォームはピチピチなのでしょうか。
推測の域を出ませんが、これには諸説があるようです。

「風の抵抗をうけないため」「ゴムが入っているから」「試合中に相手選手に引っ張られないため」「機能性が向上したから」というような説があり、どれももっともらしい理由です。

「相手選手に袖などを引っ張られないため」という説は分かりやすい理由ではありますが、ぴったりしていても掴んで引っ張ることは可能ですし、相手選手のユニフォームをひっぱる行為自体が反則ですから少々無理があるかもしれません。

ユニフォーム生地の開発改良が進んで、汗を吸いやすく速やかな蒸発を助ける高機能な素材が開発され、肌にピッタリとフィットしたほうがその機能を発揮しやすいから、という説に信憑性があるように思えます。

■サッカーユニフォームは選手によって好みがある

サッカーの歴史を振り返るとユニフォームの変遷が分かりますが、1970年代頃まではどちらかというとトレーナーに近い、厚手で綿の素材だったそうです。
これは汗を吸収することが第一目的だったからとのことですが、最近のユニフォームの素材は軽量性や吸湿速乾性に非常に優れていますから、結果としてサイズに自由が利くようになりました。

今のサッカー日本代表選手のユニフォーム姿を見ると、おおむね全員がピチピチあるいはそれに近い感じがします。
しかし、中には好みでゆったりサイズのユニフォームを着用する選手もいます。つまりは、「自分が一番動きやすいサイズのユニフォームを選ぶ」ということが選手にとっても重要なのでしょう。

■岡田ジャパンがピチピチユニフォームの始まり?

実は、日本代表のピチピチユニフォームの元祖は岡田監督だという説が有力です。
岡田ジャパンが2010年のFIFA南アフリカ大会に出場した際に、選手のユニフォームがそれまでとは異なりピチピチになったことが話題になりました。

これには、標高1500メートルの高原での試合に対処するという思惑があったとのことです。
空気抵抗を軽減し、選手の疲労を防ぎ試合を有利に運ぶためのピチピチユニフォームだったのです。
それが継承され、日本代表のユニフォームがピチピチのまま今日に至っていると言われています。

■サッカーユニフォームはピチピチが続くのか

サッカーユニフォームのピチピチ事情は、実は最近になるとまた様子が変わってきているようです。
その理由として、イタリアのサッカーユニフォーム界で定番だったKappaブランドのピチピチユニフォームの人気が低迷していることが挙げられます。

そのせいかどうかは定かではありませんが、以前のクラシックスタイルのユニフォームをあえて好んで着用する選手も増えているそうです。
ただし、これは主にファッションの観点であり、やはり動きやすく生地の機能性を活かすためには、やはりピチピチのほうが適しているのは変わりません。
ゆったりとしたサイズでも動きやすく、汗や体温を効果的に逃がす素材が開発されるまでは、しばらくピチピチ主流の時代が続きそうです。

■レプリカをピチピチに着こなす!?

サッカーファンやサポーターには、憧れのプロ選手のようにピチピチユニフォームを着用して応援したいという人もいます。そんな時には、ワンサイズ下を選んでみてはいかがでしょうか。
つまり普段Lサイズを着ているならMサイズを着るのです。こうなると、ボディラインがはっきり見えてしまうので、恥ずかしくないようしっかりと身体を鍛えておきましょう。

これとは別に、仕立て屋さんに頼んでレプリカをできるだけオーセンティックに近づけるという方法もあります。
また、手先が器用であれば自分でもできます。ただし、一旦カットした生地は元に戻りませんから、切りすぎて切れなくなったりしないよう十分に注意してください。

鍛え上げたサッカー選手たちが着こなすピチピチのユニフォーム姿は、見るからにスポーティでかっこいいファッションですよね。
カタチから入るのも決して悪いことではないので、うまくピチピチのサッカーユニフォームを着こなしてみてください。

スポンサーリンク